「呪術廻戦」 芥見下々著

集英社。週刊少年ジャンプ。 いやー、エグイです。 こんなに死にます? 昔のジャンプからは考えられないですよ。 「鬼滅の刃」くらいから、普通に人気キャラが死にますよね。 自分の中で「鬼滅の刃」からですが、実はもっと前からですかね?...

待望!女性マッサージ師入職しました。

待ちに待った、しっかり圧を入れることが出来る女性マッサージ師が入職してくれました。 一般職を経験した後、鍼灸あん摩マッサージ師の専門学校に通い、資格を取得しました。 社会常識はもちろん、明るい性格で人柄も良いです。 ちょっと人見知りなところはありますw 活躍をご期待下さい。...

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。 新年から降雪があり、バタバタと開始した2022年。 年齢を重ねると、一年が早いですよね。 今年の目標は事故と病気に気をつけながら、陣容を安定させることです。 本年も、何卒よろしくお願い申し上げます。 余談ではありますが、...

「山椒鍋」 in自宅

京都で食した「山椒鍋」をお取り寄せして食べてみました。 この量で3人前くらいです。 山椒一匙で、すごい香りです。 余った山椒は別の鍋で使ってみようかと思います。 ちなみにお取り寄せのスープは鳥だしでした。 ぜひ一度ご賞味下さい。...

「近くの蕎麦屋さん」 曳舟駅近く

東武曳舟駅近くの蕎麦屋さんに行ってきました。 普通にオートロックのあるマンションの一室で営業しているので、珍しいなと思い入ってみました。 45~50平米くらいの部屋で、キャパは12人くらいでした。 写真は辛味大根そばのランチ(そば大盛)です。...

「ノーラ名栗」 埼玉県飯能市

今、流行りのテントサウナに行ってきました。 サウナ協会の方とご一緒させて頂きました。 場所は飯能にある、「ノーラ名栗」です。 飯能は良い場所なのですが、高速降りてから20kmくらいあるので、交通の便はあまり良いとは言えません。...

「新解釈・三國志」 福田雄一監督

東宝。2020年。 キャストがすごい!その一言。 内容は・・・三國志好きの私からみたら、三國志を名乗って欲しくない感じです。 やはり三國志にギャグは向かないなぁというのが感想です。 それにしても、キャストがすごいです。 福田先生のお気に入りメンバー勢ぞろいです。...

京都にて

京都行ってきました。 以前から飲食店開業の相談をしていた某有名和食店の方とご一緒して頂き、色々なお店に案内して頂きました。 和食はもちろん、精製水を使ったカクテルを出すバーや、東京下町もびっくりのカラオケダーツバーなど、何件も周り、非常に体力を使いました。...

☆写真撮影☆

スタッフの写真撮影を行い、ホームページの写真を更新しました。 ぜひ、ご覧ください。 余談ではありますが、 知り合いのカメラマンにお願いして撮って頂いたものと、弊社スタッフが撮ったものが混在しております。 恥ずかしいくらい、一目瞭然ですw

「歌舞伎町ゲノム」 誉田哲也著

中央公論新社。 「ジウ」シリーズの9作目です。 かの衝撃作「ジウ」3部作から、早くも9作目となる本作、描写が依然と比べおとなしくなっている印象を受けます。が、内容は一気読み確実です。 法では裁けぬ悪を始末するという、伝説の暗殺者集団・歌舞伎町セブンの活躍を描いております。...

「EVIL 東京駅おもてうら交番・堀北恵平」 内藤了著

角川ホラー文庫。 新人女性警察官・恵平(けっぺい)が活躍する人気シリーズ6作目です。 相棒の刑事の名前も腎臓で、名前のセンスが良いです。 東京駅に配属になった新人警察官が、現在(おもて)と過去(うら)を行き来するタイムトラベルミステリーです。...

久々の飲み会です。

18名も集まってくれました。写真は二次会です。 元気なメンバーは三次会まで行ったそうです。 いやー、おっさんには無理でした。 それにしても手前右の一番目立つところに、不愛想な男が写っちゃいましたね、残念。 余談ではありますが、 この不愛想な男が、一番の古株です。

「むかしむかしあるところに、やっぱり死体がありました。」 青柳碧人著

日本昔話を殺人?ミステリーに見立てた作品の第3巻です。 今回は、〈竹取物語〉、〈おむすびころりん〉、〈わらしべ長者〉、〈猿蟹合戦〉、〈ブンブン茶釜〉の5タイトルです。 なかなかおもしろかったのですが、前作、前々作の方が好きでした。 こねくり回している印象を受けました。...

「コロナ黙示録」 海堂尊著

宝島社。 「チームバチスタの栄光」で一世を風靡した海堂尊先生の傑作です。 新型コロナに対する防疫の問題や、学校を建てるための忖度をした例の問題など、政府・政治のあり方に警鐘を鳴らしております。 どこまでがフィクションで、どこまでがノンフィクションかは、わかりませんが。...

「シバトラ」 原作・安童夕馬 作画・朝基まさし

講談社「週刊少年マガジン」。全15巻。 「サイコメトラーEIJI」、「クニミツの政」など数々の名作を生んだ、マガジン最強コンビです。 中学生のような見た目の警察官・柴田竹虎が、少年課に配属され少年少女を救っていく物語です。...

「サイコメトラーEIJI」原作:安童夕馬、作画:朝基まさし

講談社。週刊少年マガジン全25巻。 1996年連載開始のちょっとエグイ超能力ミステリーです。 amazonKindleで無料で読めたので、久しぶりに読んでみました。 25年前の作品とは思えないくらい、色あせない内容です。...

「花の里キャンプ場」 長野県諏訪郡富士見町境

長野県諏訪郡と山梨県北杜市に隣接する「花の里キャンプ場」に行って参りました。 冬季はスキー場になる場所で、景色が非常に綺麗でした。 日曜日についたこともあり、展望台への自動カートが激こみで、一人用リフトで展望台に上りました。...

「群青戦記」 笠原真樹著

集英社。週刊ヤングジャンプ。全17巻。 『戦国武将 VS 高校生アスリート』をテーマに滋賀県のスポーツ強豪高が、部活などで残っていた生徒(先生も)と共に、学校ごと戦国時代にタイムスリップするアクションファンタジーです。 先日、同作の映画を観ました。非常に残念な内容でした。...

「ブレイブ 群青戦記」本広克行監督

2021年東宝。 びっくりするくらい、残念な作品でした。 名作「群青戦記」の良いところが、何一つありませんでした。 「原作は?高橋が??戸田は???」と思わずにはいられませんでした。 戦国時代の戦争の迫力を伝えたかったのか、名前が「群青戦記」というだけで内容は全く原作に副っ...

「民王 シベリアの陰謀」 池井戸潤著

KADOKAWA出版。 内閣総理大臣・武藤泰山とそのバカ息子・翔の活躍を描くドタバタミステリーです。 ウィルスあり、温暖化あり、陰謀論あり、ユーモアありで楽しく読むことが出来ました。 前回の二人が入れ替わったドタバタ喜劇とは観点が違っていますが、さすが池井戸先生でした。...