• こばやし

H2 あだち充著

小学館。全34冊。

言わずと知れたあだち充先生の大傑作です。

数あるあだち充先生の作品の中で、一番好きな漫画です。

あだち充漫画の良いところが全て描かれている作品と言っても過言ではありません。

それくらい良い作品と思っています。

石原さとみさんが主演でドラマにもなっています。

比呂、英雄、広田など天才が描かれておりますが、やはり木根推しです。

小山内も捨てがたいですよね。


余談ではありますが、

あだち充先生の名作「タッチ」を連載中、和也を退場させる際、編集者に反対され描き直しを迫られたそうです(絶大な人気を誇っていたため)。

ですが、ストーリー上、どうしても和也を退場させる必要があったため、描き上げた原稿を残しそのまま行方をくらませました。

編集者は泣く泣く残された原稿を掲載したところ、今でいえば大炎上しました。

この決断がなければ、「タッチ」は誰もが知るほどの名作となっていたかどうか。。。

ちなみに、浅倉南はどうかと思うに一票。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

集英社。週刊少年ジャンプ。 いやー、エグイです。 こんなに死にます? 昔のジャンプからは考えられないですよ。 「鬼滅の刃」くらいから、普通に人気キャラが死にますよね。 自分の中で「鬼滅の刃」からですが、実はもっと前からですかね? 周りの人たちから、面白いと言われ続けてやっと読めました。 やっぱり、漫画は連載終了になってから読むべきだなぁと思いました。 余談ではありますが、 昔の漫画は、死んだと思っ

講談社「週刊少年マガジン」。全15巻。 「サイコメトラーEIJI」、「クニミツの政」など数々の名作を生んだ、マガジン最強コンビです。 中学生のような見た目の警察官・柴田竹虎が、少年課に配属され少年少女を救っていく物語です。 内容は少年マガジンに載せて良い内容?というくらい、社会性の高い作品です。 一言で言うと、〈薬物こえ~〉でした。 余談ではありますが、 覚せい剤は本当に怖いものです。 怖い怖いと

講談社。週刊少年マガジン全25巻。 1996年連載開始のちょっとエグイ超能力ミステリーです。 amazonKindleで無料で読めたので、久しぶりに読んでみました。 25年前の作品とは思えないくらい、色あせない内容です。 当時、ストーカーという言葉は今ほど周知されておらず、私もこの漫画で知りました。 その他にも、プロファイリングやシリアルキラーなどもこの漫画で知りました。 友達と「キンキンキン・・