• こばやし

「ONE PIECE」 尾田栄一郎著

集英社(週刊少年ジャンプ連載中)

祝!100巻!!

早いもので、連載から24年が経過しました。

1997年年度中国北京へ10か月ほど遊学しており、1998年度に大学へ復学しました。

その授業中に久しぶりに読んだジャンプで衝撃作品に出合います。

それが「ONE PIECE」でした。

その当時、3巻まで発売していたと記憶しております。

当時はまだ若かったため、『ゾロ歯が折れちゃうよ』などと心配することもなく『ゾロカッコイイ』と興奮しました。

色々な名シーンがありますが、やはりベルメールさんのところが一番感動します。

今読んでも涙がでます。

というより、今だからこそより涙が出ます。

一番盛り上がったのは、やはり頂上決戦です。

海軍VS白ひげ海賊団を超えるシーンは今のところありません。

最終章に入っているようで、間もなくフィナーレを迎えるという情報が流れております。

何とか生きている内に終わって欲しいと願うばかりです。


余談ではありますが、

2021/9現在、発売巻数の一位は「ゴルゴ13」の201巻です。

二位は「こち亀」の200巻、三位は「ミナミの帝王」159巻、四位は「クッキングパパ」155巻、五位は「はじめの一歩」129巻となっております。

単発の漫画が多いのが良くわかります。

「こち亀」以外は連載中というのも凄いです。

やはり何巻から購入しても、すぐに内容がわかることが大事なんですね。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

集英社。週刊少年ジャンプ。 いやー、エグイです。 こんなに死にます? 昔のジャンプからは考えられないですよ。 「鬼滅の刃」くらいから、普通に人気キャラが死にますよね。 自分の中で「鬼滅の刃」からですが、実はもっと前からですかね? 周りの人たちから、面白いと言われ続けてやっと読めました。 やっぱり、漫画は連載終了になってから読むべきだなぁと思いました。 余談ではありますが、 昔の漫画は、死んだと思っ

講談社「週刊少年マガジン」。全15巻。 「サイコメトラーEIJI」、「クニミツの政」など数々の名作を生んだ、マガジン最強コンビです。 中学生のような見た目の警察官・柴田竹虎が、少年課に配属され少年少女を救っていく物語です。 内容は少年マガジンに載せて良い内容?というくらい、社会性の高い作品です。 一言で言うと、〈薬物こえ~〉でした。 余談ではありますが、 覚せい剤は本当に怖いものです。 怖い怖いと

講談社。週刊少年マガジン全25巻。 1996年連載開始のちょっとエグイ超能力ミステリーです。 amazonKindleで無料で読めたので、久しぶりに読んでみました。 25年前の作品とは思えないくらい、色あせない内容です。 当時、ストーカーという言葉は今ほど周知されておらず、私もこの漫画で知りました。 その他にも、プロファイリングやシリアルキラーなどもこの漫画で知りました。 友達と「キンキンキン・・