• こばやし

「3月のライオン」 羽海野チカ著

白泉社ヤングアニマル連載中。

みんなが待ちに待った16巻が発売されました。

言わずと知れた、最高級の人間物語、大好きな作品です。

心の底から、零に幸せになって欲しいと願います。

将棋が中心となっていますが、将棋を知らない人でも簡単に入っていけます。

なぜなら最高級の人間物語だからです。

ぜひ一度、読んでもらいたい作品です。


余談ではありますが、

将棋と似たゲームは世界各国にあります。

有名なものはチェスです。

中国には象棋という将棋に似たゲームがあります。

象棋の面白いところは〈砲〉という駒があり、敵の駒を攻撃するのに敵味方問わず間にひとつ駒がないと攻撃できないという特殊性がありました。

将棋と他国ゲームとの大きな違いは、取った相手の駒を使えるか使えないかではないでしょうか。

相手の駒を使えるが故に、他国ゲームよりも複雑なゲームになっていますよね。

ちなみに「3月のライオン」を読んでから、オンラインの将棋をやってみましたが、全く勝てずすぐにやめました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

集英社。週刊少年ジャンプ。 いやー、エグイです。 こんなに死にます? 昔のジャンプからは考えられないですよ。 「鬼滅の刃」くらいから、普通に人気キャラが死にますよね。 自分の中で「鬼滅の刃」からですが、実はもっと前からですかね? 周りの人たちから、面白いと言われ続けてやっと読めました。 やっぱり、漫画は連載終了になってから読むべきだなぁと思いました。 余談ではありますが、 昔の漫画は、死んだと思っ

講談社「週刊少年マガジン」。全15巻。 「サイコメトラーEIJI」、「クニミツの政」など数々の名作を生んだ、マガジン最強コンビです。 中学生のような見た目の警察官・柴田竹虎が、少年課に配属され少年少女を救っていく物語です。 内容は少年マガジンに載せて良い内容?というくらい、社会性の高い作品です。 一言で言うと、〈薬物こえ~〉でした。 余談ではありますが、 覚せい剤は本当に怖いものです。 怖い怖いと

講談社。週刊少年マガジン全25巻。 1996年連載開始のちょっとエグイ超能力ミステリーです。 amazonKindleで無料で読めたので、久しぶりに読んでみました。 25年前の作品とは思えないくらい、色あせない内容です。 当時、ストーカーという言葉は今ほど周知されておらず、私もこの漫画で知りました。 その他にも、プロファイリングやシリアルキラーなどもこの漫画で知りました。 友達と「キンキンキン・・