• こばやし

「銀魂」 「銀魂2」(実写)福田雄一監督

空知英秋原作。配給・ワーナーブラザーズ。2017/7、2018/8公開。


全77巻発売の週刊少年ジャンプのギャグマンガを基にした実写映画です。

一言でいうと非常に面白かったです。

普段ギャグマンガやコメディ映画をあまり見ない私としては、それを冗談にして良いのかとハラハラする内容がてんこ盛りで、非常に見ごたえがありました。

特に超有名アニメ会社を尊敬していると言いながら弄るシーンは、1・2共に最高でした。

俳優陣も豪華で、お勧めの一本です。


余談ではありますが、

日本でアニメ・漫画を原作とした映画は多数あります。

1925年に「ノンキナトウサン」という作品が第一号と言われています。

また有名どころでは何度も実写化されている「サザエさん」が1948年に初実写化されています。

その他1960年代には「黄金バット」や「マグマ大使」など、実写が難しそうな作品も実写化されています。

さらに1970年代に入ると「あしたのジョー」や「サインはV!」、「ドカベン」などのスポコンものや、「はだしのゲン」などの社会性の高い作品も実写化しております。

1980年代は「コータローまかりとおる!」や「ビーバップハイスクール」、「スケバン刑事」などの喧嘩ものが多い印象があります。1989年には「YAWARA」も実写化しています。

1990年代では「電影少女」や「シティーハンター」、「ろくでなしブルース」、「サラリーマン金太郎」、「GTO」、「今日から俺は」など有名雑誌からの実写化が多く出ました。

21世紀にはいると、最もびっくりした実写化映画「DRAGONBALL EVOLUTION」が登場します。

これはもう、ほんとにびっくりしましたね。

まだ観ていないので、観たらご報告させて頂きます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

東宝。2020年。 キャストがすごい!その一言。 内容は・・・三國志好きの私からみたら、三國志を名乗って欲しくない感じです。 やはり三國志にギャグは向かないなぁというのが感想です。 それにしても、キャストがすごいです。 福田先生のお気に入りメンバー勢ぞろいです。 渡辺直美さんのところが一番でした。 三國志好きにはお勧めできないですが、福田監督が好きなキャストのファンでしたらお勧めです。 余談ではあ

2021年東宝。 びっくりするくらい、残念な作品でした。 名作「群青戦記」の良いところが、何一つありませんでした。 「原作は?高橋が??戸田は???」と思わずにはいられませんでした。 戦国時代の戦争の迫力を伝えたかったのか、名前が「群青戦記」というだけで内容は全く原作に副っていないように感じます。 稀に見る残念でした。 戦国時代の戦争の迫力をご覧になりたい方だけにお勧めの作品です。 原作を読みなお