• こばやし

「民王 シベリアの陰謀」 池井戸潤著

KADOKAWA出版。

内閣総理大臣・武藤泰山とそのバカ息子・翔の活躍を描くドタバタミステリーです。

ウィルスあり、温暖化あり、陰謀論あり、ユーモアありで楽しく読むことが出来ました。

前回の二人が入れ替わったドタバタ喜劇とは観点が違っていますが、さすが池井戸先生でした。

池井戸先生と言えば、スカッとミステリーで最後に勧善懲悪で終わり、後味が非常に良い作品が多いイメージがあります。

今回もそれに近い結末でしたが、なぜがスカッとしない部分がありました。

ネタバレになってしまうので、一言でいうと「そんな政治家がいてくれたらな羨ましい」です。


余談ではありますが、

個人的な見解ですが、池井戸先生の対極にいるのは、イヤミスの女王といわれている〈湊かなえ〉先生ではないかと思っています。

一時期、池井戸先生と湊先生の作品は発売される度に読んでいました。

いつもスカッとモヤっとしていました。

比べて読んで頂きたいです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中央公論新社。 「ジウ」シリーズの9作目です。 かの衝撃作「ジウ」3部作から、早くも9作目となる本作、描写が依然と比べおとなしくなっている印象を受けます。が、内容は一気読み確実です。 法では裁けぬ悪を始末するという、伝説の暗殺者集団・歌舞伎町セブンの活躍を描いております。 新作出ると、ついつい買っちゃうんですよね。 バイオレンス好きにはお勧めです。 次回作も楽しみです。 余談ではありますが、 待ち

角川ホラー文庫。 新人女性警察官・恵平(けっぺい)が活躍する人気シリーズ6作目です。 相棒の刑事の名前も腎臓で、名前のセンスが良いです。 東京駅に配属になった新人警察官が、現在(おもて)と過去(うら)を行き来するタイムトラベルミステリーです。 内藤先生といえば、「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズも有名です。 ちょっとグロいホラーを得意としているのですが、「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」と比べ「東

日本昔話を殺人?ミステリーに見立てた作品の第3巻です。 今回は、〈竹取物語〉、〈おむすびころりん〉、〈わらしべ長者〉、〈猿蟹合戦〉、〈ブンブン茶釜〉の5タイトルです。 なかなかおもしろかったのですが、前作、前々作の方が好きでした。 こねくり回している印象を受けました。 「むかしむかしあるところに、死体がありました。」と「赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。」のどちらかを読んでみて、面白そうだなと思わ