• こばやし

「兇人邸の殺人」 今村昌弘著

創元社・2021年7月29日発売。

「兇人邸の殺人」読みました。

今村昌弘さんは言わずと知れた「屍人荘の殺人」で「このミステリーがすごい!2018年度版」「週刊文春ミステリーベスト10」「2018 本格ミステリ・ベスト10」において第1位を獲得、そして第18回本格ミステリ大賞を受賞し、国内ミステリーランキング4冠を達成しました。

「兇人邸の殺人」はその第3弾です。

建物の構造を利用した密室の中で殺人が起きます。

疲れるので、建物系の密室はあまり好きではありません。

理解力が低いので、毎回巻頭に戻り間取り図を確認しなければならないからです。

有名どころは基本的に抑えたいミーハーなので、以前「屍人荘の殺人」を読みました。

なかなか面白く、あららな展開で、一気読みしたのを覚えています。

その後の「魔眼の匣の殺人」も読みやすく面白かったです。

読みやすいため、今回もすぐに読み終わりました。

ミステリーだけに限らないのですが、主人公って勝手な行動しますよね。

年をとると、そーゆーところばかり気になってしまいます。

結果、一番の感想は「マリアの気持ちは良くわかる」でした。


余談ではありますが、

ミステリーとサスペンスの違いはご存じでしょうか。

ミステリーとは犯人やトリック、真相が分からず、謎解きをしていく作品です。

サスペンスとは犯人や真相が明示されていて、解決までの緊張感や不安感を楽しむ作品です。

「名探偵コナン」「金田一少年の事件簿」はミステリー、「古畑任三郎」「MONSTER」はサスペンスです。

閲覧数:0回0件のコメント