• こばやし

「久遠の檻―天久鷹央の事件カルテ―」 知念実希人著

新潮社。

対人関係に難ありの医師・天久鷹央が、医療知識を活用し事件を解決するミステリーの第10作目の小説です。

医療系小説は好んで手に取ります。

毎回あまり有名でない病名が出きて、「そんな病気もあるのか~」と勉強になり、今後の作品も期待したくなる作家さんです。

ただ、ミステリーという面をみると、犯人はわかりやすいです。

もともと、犯人を当てるというよりも、医療知識を使った手法を考えさせる作品です。

読み始めると先が気になり、一気読みしてしまいます。

医療系に興味がない方でも、読みやすい作家さんではないでしょうか。


余談ではありますが、

現在、現役医師でありながら小説を執筆している作家さんは非常に多いです。

ミステリーを執筆している方も多いですが、社会派作品や医療現場のノンフィクションなども多いです。

過去の偉人で、医師であり小説家である人を見つけました。

色々な偉人がいましたが、驚いたのは「森鴎外」です。

作家として非常に有名ですが、ドイツに留学し軍医を務めています。

非常に甘いものが好きだったようです。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

中央公論新社。 「ジウ」シリーズの9作目です。 かの衝撃作「ジウ」3部作から、早くも9作目となる本作、描写が依然と比べおとなしくなっている印象を受けます。が、内容は一気読み確実です。 法では裁けぬ悪を始末するという、伝説の暗殺者集団・歌舞伎町セブンの活躍を描いております。 新作出ると、ついつい買っちゃうんですよね。 バイオレンス好きにはお勧めです。 次回作も楽しみです。 余談ではありますが、 待ち

角川ホラー文庫。 新人女性警察官・恵平(けっぺい)が活躍する人気シリーズ6作目です。 相棒の刑事の名前も腎臓で、名前のセンスが良いです。 東京駅に配属になった新人警察官が、現在(おもて)と過去(うら)を行き来するタイムトラベルミステリーです。 内藤先生といえば、「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズも有名です。 ちょっとグロいホラーを得意としているのですが、「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」と比べ「東

日本昔話を殺人?ミステリーに見立てた作品の第3巻です。 今回は、〈竹取物語〉、〈おむすびころりん〉、〈わらしべ長者〉、〈猿蟹合戦〉、〈ブンブン茶釜〉の5タイトルです。 なかなかおもしろかったのですが、前作、前々作の方が好きでした。 こねくり回している印象を受けました。 「むかしむかしあるところに、死体がありました。」と「赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。」のどちらかを読んでみて、面白そうだなと思わ